読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみはきっと笑うだろう

記録とか歌詞とか、今の私とか。

20131203 22:01

 

闇夜の蛍。飛び回る彼は言う。

「気づかないでしょうけれど、月すらないの」


ああ、本当。空が真っ黒。

いつも、重なる陰の隙間から射し込んでくるものは、嘘だったのかしらね。

「さあ、知らないよ」



でもね、と彼は続ける。

「所詮そんなものなんだ」


もうすぐ夏が終わる。

儚い幻であったかのように、その内に彼らはふいと消える。名残すら見付けられなくて。

「いいんだよ、それで」



「きっと初めから無かったのさ」






ふわりふわりと、中空を漂いながら。私は、微かに目の奥に残る、やがて消える軌跡を追っていて。

だからね、光る君は言う。

「黒染めの衣ばかり重ねることなんか、お止めなさいな」





疾うに廃れて、沈む日を背に海を渡ってきたものに、想いを託してどうするというんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一面の雪の中に花が一輪咲いていたらきれいだと思う。

それが、血のように紅い花ならなおさら。

 

黄や青、紫だって同じでしょう?

 

いいえ、いいえ。

あの色でなきゃ駄目なのよ。

 

色を探して、さがして

鮮やかなひかり、いたみ。

 

泣き出してしまいたかった。

そこに身を投げ出して、叫びだしてしまいたかった。

 

でも、触れられない。

 

自らの両の手を広げ、見る。

ああ、私じゃあれに、さわれない。

 

眩しさに目を細めながら、微笑いました。

そうしたらきっと笑ってくれるだろうから。

 

ああ、本当。

なんにも知らないのね、きっと、ずっと。

 

 

20131209 22:11


いつからなの?

そんなの知ってりゃ苦労しないわよ。

 


*

 



昼の街を歩けば、若者たちの笑い声。

異質な世界に迷いこんだような錯覚に陥る。

このどこか壊れたような違和はいつまでたっても慣れない。

到底理解出来なかった。

 



何もかもがマヒしてる。

その不自然さに侵されて、私も、いつの間にか。

 



原因は定かのように見えるけど、

いいえ、違うの。

この胸を蝕む痛みは―――。

 



*

 


痣じゃないよ、これは、汚染なの。

 

 

20131207 20:38



【終夜】










それはだれ?
君はどこ?

 



*

 



舞台は閑静な街路のようです。






スポットライトが、舞台の真ん中照らす。辺りは薄闇。
不揃いな生ではなく合わさった、
潜められた呼吸(オト)が静を飾る。
ひとり踊るのは、木偶人形。からりからりと音がひびく。
引かれて歩く、吊られて跳ねる、終わらない。
ぜんぶぜんぶいて、みんなみんなある。
嗚呼、嬉しい、嬉しい。まるで夢。

 



ゆめ?
彼は首を傾げる。
聞き覚えのない言葉だ、
そんなもの彼は知らなかった。知らないはずだった。
ゆめ、夢?
あれ、なんだろう?なんだか...
ぐにゃりと、視界が歪む。

 




遠く広がる灰の土壌に。カラカラカラと、乾いた風が吹いて。
蜃気楼、何もなかった。
思い出した、「これ」が夢だった。
糸は切れて、動くものはもうない。
慣性に逆らわず、感性はしずめられて。

 



消灯。歓声、喚声。
まったく五月蝿いものです。

 



*

 



向こうで落下しているのは。
あれはぼく。







 




これで完成。
さあ、開幕しましょうか。


本日の演目は―――

 

 

20131209 22:11

 

本当、ひどい人。

そういって君は微笑うけど、

何だかその色は、声は、泣いているようで。

 


渇いた喉を潤すものは、ここにはない。

それは私が、手放したもので、

手が届かないもので、

手を伸ばすことすら、しなかったもので。

 


光が、音が、この胸を灼いて。

息ができなくなる。

言葉は喉に張りついてとれなくなった。

 

 

20131207 20:28



【前夜】










隣の部屋からは一定のリズムで鼾声が響いてきていた。
それを聞きながら、彼はひとつ息をついた。随分深刻さを帯びた響きだった。
全く、徒に争うことに、一体なんの意味があるというのか。力と恐怖による支配など、所詮続きはしないというのに。ただ己を誇示したいだけだろう。あの方はご存じないのだ。自ら戦場に赴くことなどしないのだから。
彼は今一度、胸に溜まった重い息を吐き出した。


あの、凄惨さ。飛び散る血と肉片。響くのは狂ったような叫びと、元は冷たく、鈍く光っていた、そして今ではその名残さえ見つけられぬほどの、断末魔の赤に染まった金属、それらが幾度もぶつかり合う音。そうして日が暮れ、焚き火を囲んでの一時。誤魔化しの休息に身体を休める間も、鼻にこびりついて離れない、臭気―――


夜中に彼は目を覚ました。辺りを見回し、其処が自分の寝室であることを確かめると、ほっと胸を撫で下ろした。随分、久しぶりに見た。嫌な夢だ。あの頃、戦争が終わったばかりの頃は、こうやって毎晩飛び起きては、独り朝がくるまで布団の中で息を潜めていたというのに。一体いつの間に、夢に脅かされずに眠れるようになったのだろう。夕に感傷に浸ってしまったせいかな。彼は一瞬だけ自嘲気味な笑みを浮かべ、そうして次には、この数日の間に半ば日課の様になってしまった、その夕の謁見の内容について思いを馳せていた。


今日もまた、己の諫制は聞き届けられなかった。どうしてあの方は、此処まで力での支配に囚われるようになってしまったのか。今も他国には内密に、改良に改良を重ねた、新しいタイプの大砲を監製させている。元から確かに箝制を好むところがあり、危うさを感じることはあった。その度にどうにか其れを正そうと、言葉を重ねてきた己の努力は無駄だったのだろうか。彼は小さく頭を振った。いけない、思考が悪い方に向かってしまっている。少し気分を変えようと、彼は幼い頃暮らしていた、懐かしき故郷の風景を呼び起こした。



都とは違う、豊かな緑に囲まれた小さな村。仲間たちと遊びに入った山は音に溢れているのに、静かで心地好い。彼は一人でもよく山に入った。流れる風に身を委ねて、澗声に耳を傾けているのが好きだった。でも一番好きだったのは―――。春。何時もなら立ち入らない山奥、小高い丘があって、その頂上。其れを見つけた時、彼は思わず感声をあげた。其処にあったのは、一本の大木。風が吹くたびに淡い色の欠片が、無数空を舞う。桜だ。思わず呟いたそれに、静かな声が答える。綺麗でしょう?誰にも言っちゃだめよ、君にしか教えてないんだから。彼女は微笑った。



一番好きだったのは。彼は薄い微笑みを浮かべながら、閉じていた目をそっと開いた。あの少女と見た桜。名も知らない子だった。不意に現れて、いつの間にか消えていった。まるで、桜のような少女だった。そういえば、と彼は思う。自分たちはどうして別れたのだっけ。あの、桜は――。不意に、キィンと耳鳴りがした。彼は顔をしかめてこめかみを抑えた。耳の奥で、音がする。幾つもの音が重なった、これは、人の声と...水と、風の音?寒寒と冷えきったような――。彼は目を見開いた。嗚呼、そうか。今ではもうはっきりと分かるその音たちは、徐々に大きくなり、混ざりあい、別のものを作り出していった。

 


それは、彼が厭う――喊声。

 

 

 

 

 

 

20131207 20:27



【初夜】










可哀想な少年のお話です。少年は「よくでき」ていました。その姿は大層「美し」く、「お勉強」も「運動」もできました。「友だち」もいっぱいいました。「将来」沢山の発見をするでしょう、「大人たち」は持て囃しました。それは歪でしたけれど、そのことには少年以外、誰も気づいちゃいませんでした。ですのでやっぱりそれは、「素晴らしいこと」で、少年は「幸せ」であったのでした。嗚呼、でも。甘井先ず竭くとはよく言ったものです。少年のことが妬ましくて、疎ましくて。その人たちはどうしようもなかったのです。だって彼らは、「お勉強」も「運動」もまあまあだったし、「見目麗し」くもなかったのですから。でも友達はいましたから、ついでにいうと、「大嫌い」な「大人たち」にも一泡吹かせられます。だから仕方なかったのです。嗚呼、あはれ。少年は陥穽にはまりました。枷を填められた手足はもう、字を書くことも、走ることもできません。それどころか、ものを食べることもできないので、そのまま暗い洞穴の中で、最後に見た沢山の人びとの冷たい侮蔑の目だけに焦がれて――実際、暗闇に押し込められる直前のことでしたから、彼らの後ろから差す光に焼かれて、見えていなかったでしょうけど、その色をしていることだけは知っていましたから――死んでしまいました。明るきを歩むはずだった少年の、行き着いた先は檻穽。でも少年は怒ってはいませんでした。だって少年だけは、歪を知っていたんですから。此れで元通りです。全部少年が生まれる前に戻り、歪みは完整させられました。だから少年は、ほんの少しだけ微笑いました。それは今までに劣ることなく、きれいな笑いでした。少年は、最期まで美しさだけは失くせなかったのです。ただこれは、少年すら知らないことでしたけれど。

 

 

 

 

 

20131206 07:11

羊は夢に生きるもの

夢は空、穴は埋まらない

進めない、進めない

私はわたしに呪をかける

ここから先は、進めない

呼びかける声は届かない

掬うたび、広げた指の間からこぼれ落ちて

貰えない、そう言ってただただ嘆いていて

目覚めなければいいのに

喰われてしまえばいいよ