読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみはきっと笑うだろう

記録とか歌詞とか、今の私とか。

20131203 22:01

 

闇夜の蛍。飛び回る彼は言う。

「気づかないでしょうけれど、月すらないの」


ああ、本当。空が真っ黒。

いつも、重なる陰の隙間から射し込んでくるものは、嘘だったのかしらね。

「さあ、知らないよ」



でもね、と彼は続ける。

「所詮そんなものなんだ」


もうすぐ夏が終わる。

儚い幻であったかのように、その内に彼らはふいと消える。名残すら見付けられなくて。

「いいんだよ、それで」



「きっと初めから無かったのさ」






ふわりふわりと、中空を漂いながら。私は、微かに目の奥に残る、やがて消える軌跡を追っていて。

だからね、光る君は言う。

「黒染めの衣ばかり重ねることなんか、お止めなさいな」





疾うに廃れて、沈む日を背に海を渡ってきたものに、想いを託してどうするというんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一面の雪の中に花が一輪咲いていたらきれいだと思う。

それが、血のように紅い花ならなおさら。

 

黄や青、紫だって同じでしょう?

 

いいえ、いいえ。

あの色でなきゃ駄目なのよ。

 

色を探して、さがして

鮮やかなひかり、いたみ。

 

泣き出してしまいたかった。

そこに身を投げ出して、叫びだしてしまいたかった。

 

でも、触れられない。

 

自らの両の手を広げ、見る。

ああ、私じゃあれに、さわれない。

 

眩しさに目を細めながら、微笑いました。

そうしたらきっと笑ってくれるだろうから。

 

ああ、本当。

なんにも知らないのね、きっと、ずっと。